できるだけ知人の紹介で転職先を決めない

医師転職で失敗しないコツとして挙げられることは、できるだけ知人の紹介で転職先を決めないことです。知人からの紹介なら信頼性があり、しっかりとした職場なのではないかと思われる人も多いかもしれません。

たしかにそうですが、病院そのものに問題があるというのではなく、知人からの紹介だからこそ、何かあった時に辞めにくくなるという点がネックとなってしまうのです。

知人からの紹介の場合、入職はとても楽です。病院側としても信頼できる人が仲介していることから、たいてい断ってくることはありません。スムーズに入職が決まり、最初は待遇良く勤めることができるはずです。

しかし、だんだんと自分には合わない職場だと感じることもあるかもしれません。しかし、知人が紹介してくれた手前、軽々しく「辞めたい」と口に出すことができず、退職できずに我慢して勤め続けてしまうということがあります。

辞めてしまった場合、紹介してくれた知人との関係性もこじれてしまうことがあるため、この点は慎重に考えた方がいいかもしれません。