子供の成長とともに、仕事復帰を望むようになった

出産を経験したことで、家庭に収まってしまった女性医師です。しばらくは医師として働いていたことも忘れるくらい、家事や育児に没頭していました。
子どもが成長していくにつれ、社会復帰したいという気持ちが湧いてきたため、思い切って転職活動を始めることにしたのです。

ブランクがあっても働ける環境のところを重点的に探しました。また、育児中のため、勤務時間に融通が利くようなところがいいとも思いました。最近は託児所付きの病院も増えてきているので、思っていたよりもスムーズに良い勤務先を見つけることができたのはラッキーだったと思います。

その病院は同じような条件の人が多く勤務していました。私が勤めたのは小児科です。誰もが母親になっているからこそ、患者とも真摯に向き合うことができたような気がします。

女性医師は需要が多く、特に小児科では貴重な存在だと言われました。ブランクがあっても重宝されました。それに家でも仕事場でも子どもたちに関われることが、嬉しいと思えました。子ども好きにはたまらない職場です。